入れ歯でよく噛める快適な毎日を-義歯治療医療法人 飯野歯科医院

義歯治療

♦部分入れ歯~残っている歯を守って長持ちさせる快適な部分入れ歯~

私たちは「入れ歯を用いて歯周病で弱った歯でも回復させ、保護して長持ちさせる」という考えに基づいて、部分入れ歯の治療をしています。

入れ歯は残存歯に悪いと決めつけられてきました。それは入れ歯を入れた為に鉤歯(入れ歯をかけた歯)が悪くなって抜歯に至り、又、次の歯にかけて悪くなり・・・を繰り返し、次々と歯を失っていくことが多いからです。
私たちは、片山式KKK装置を取り入れた部分入れ歯によって、快適に噛め、さらに、残存歯を長持ちさせる治療を行なっています。

葉を守る入れ歯~片山式KKK装置を取り入れた部分入れ歯~

【片山式KKK装置】
『歯と入れ歯を緩みなくピチッとつなげることで、入れ歯が歯に良い影響を与え、歯周病の歯でも回復に向かう。』

という、これまでの入れ歯とは全く逆の考え方の入れ歯です。

鉤歯に鍵穴(キーウェイ)を設けて、そこにピチッと合う鍵(キー)を作ってはめ込むという通常の入れ歯にはない維持装置です。

歯と入れ歯がピチッと結合するので、入れ歯から受ける鉤歯への悪影響(大きな揺さぶり)が避けられ、噛む時の歯ぐきへの負担が限りなくゼロに減らせます。

その結果、ストレスのないよく噛める入れ歯となるのです。

♦総入れ歯~見た目も自然で快適な総入れ歯~

あなたの顎の動き(関節)に合った、効率のよい噛み合わせを再現することで、口の機能が回復します。

食事ができる(噛める)ことは健康の維持に重要な役割を果たしています。
歯を失ってしまい不自由な思いをされている方でも、自分にぴったり合った入れ歯を入れることで、よく噛めて、楽しく会話し、健康で充実した生活が送れます。
時に、「入れ歯でうまく噛めない」「入れ歯が歯ぐきに当たって痛い」というお話を伺います。
入れ歯でお困りの方、諦めないでご相談ください。

総義歯

<総義歯>

♦技工の技術を重視しています

技工は診療の続きです。
技工だけを切り離すことはできません。
診療に当たった歯科医師自らが、一人ひとりの顎の動きや噛み合わせ等を考慮しつつ、細かく丁寧に作製しています。

▲PAGE TOP