歯周病治療 | 福岡市中央区清川の歯医者 飯野歯科医院です。「できるだけ抜かずに、長持ちさせる歯科医療」を信念に、治療を行っています。

完全予約制
  • 電話
  • メニュー

抜かずに治す 歯周病

中高年で抜ける歯の大半は、歯周病が原因です。
私たちは片山恒夫先生の考えに基づいて、非外科処置で歯を救う歯周病治療を行っています。

~歯周病とは?~
歯周病の主な原因は、口腔常在菌の異常な繁殖、停滞です。 歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け、そのうちに歯がぐらついて、ついには歯が抜けてしまう、 怖~い病気です。初期の歯周病であれば、ブラッシングを中心とした生活改善をすることで治せます。

重症の歯周病でもできるだけ抜かずに治す

今まで仕方なく抜歯と考えられてきた歯も、抜かずに保存することが可能です。
ポイントは2つあります。

1.原因細菌(プラーク)を徹底的に除去する~長時間ブラッシング

2.オーラル・フィジオセラピーの実践

人間が本来もっている『治ろうとする力』を引き出して
局所(歯肉や歯槽骨)の抵抗力と共に、全身の抵抗力をあげること。

この2つのポイントを生活の中で実践することが、治療ではとても大切です。

実感!治療の効果
  • 治療やブラッシングの効果を確認してもらうために、口腔内の写真を撮ります。写真を見てもらうことで歯ぐきが改善していく様子がよく理解していただけます。

  • 赤く腫れた歯肉:症例

    〈初診時:赤く腫れた歯肉〉

    症例
    腫れがひいた歯肉:症例

    〈3ヶ月後:腫れがひいた歯肉〉

歯周病は生活の中に潜んでいる

歯周病は一度治療をしても生活習慣によって再発することがあります。

暮らしの中に潜んでいる病因を除去できるよう、患者さんと一緒に考え、患者さんの生活習慣の改善に向けてお手伝いしたいと考えています。

シエン社『<新版>歯槽膿漏-抜かずに治す』:片山恒夫 著

ページトップへ